妊婦のお客様からの質問に「妊娠中のヘアカラーの胎児への影響」について聞かれます。

 

お腹に子供を宿している妊婦さんだったら気になる問題ですね。

 

実際のところ、どこまで気にしたらいいのか?また、他の妊婦さんはどのように対処しているのか解説していきます。

スポンサーリンク





妊娠中のヘアカラーとパーマの影響

頭皮は人体の皮膚の中でも毛穴や汗腺が多く、他の皮膚と比べると何かと吸収しやすい構造ではあるようです。

 

そのため、世の中には間違った知識または大げさな解釈をされているようですが、医師の話によるとパーマやカラーの液を体内に吸収するという医学的根拠はないそうです。

 

パーマやカラーだけでなく、シャンプーによる経皮毒という言葉が懸念されますが、それについてはこちらの記事を参考にしてください:シャンプーに経皮毒がある⁈それって本当?

 

薬品は妊婦さんに肌荒れなど何かしらの影響はあっても、胎児への影響はほとんどないでしょう。

頭皮が敏感になっていることも

妊娠中はホルモンバランスが独特なので、頭皮だけでなく肌自体が敏感になっていることが多いため、カラーを直接頭皮につけずに少しだけ浮かせて施術する方が安全です。

 

妊婦さんは事前に美容師にそのことを告げて施術をする方がトラブルもなく、安心して施術できます。

薬品の臭いの方が心配

美容師側の意見として気をつかうのは、薬品の臭いに対して気を使います。

 

過去にカラーやパーマの臭いで体調を崩されたりするお客様がいらしたので、妊娠中に美容室へ行く場合に体調だけは気にした方が良いでしょう。

 

念のためにツワリが収まって、安定期に入ってからパーマやカラーの施術をされるお客様が多いです。

ヘナ愛好家の神話

ヘナのことを悪く言うつもりはありませんが、一部の愛好家の間では頭から吸収した薬品の悪い物質が体の中に溜まるといわれています(主に子宮)。

 

もしそうであれば蓄積された分、体重が増えていることになるのですがそんなはずはありません。都合良く悪い物質だけが溜まるというのもおかしな話です。

 

全否定するつもりはありませんが、もしも吸収するのなら毎日使っているシャンプーやボディソープの方がよっぽど影響するはず。

 

ヘアカラーの心配をするのなら、シャンプーから変えてみることをオススメしたいです。

まとめ

健康を気にされることはとても良いことだとは思いますし、お腹に胎児を宿している妊婦さんのお気持ちはよくわかります。

 

ですが、カラーの根元が伸びてしまって気にするあまりにストレスを感じてしまうのならば、担当の美容師に相談をしてカラーをすることをオススメします。

 

反対に、カラーをすることで胎児に対する心配があるのならば、ヘアカラーを我慢しても良いと思います。

 

医学的に根拠のない程度の問題なのですから、どちらも天秤にかけてストレスのない方を選んでみてはいかがでしょうか?

 

合わせて読みたい記事:妊婦さんや産後にオススメな髪型はあるの?

 

以上、「妊娠中のヘアカラー、パーマの液は妊婦や胎児に影響あるの?」でした。

スポンサードリンク