普段であれば頭部の安全を考慮してかぶっているヘルメット。

 

頭部を守ることはできていますが、果たして頭皮はどうでしょう。

 

気になる方は是非ご覧になってください。

スポンサーリンク





ヘルメットをかぶる人は禿げやすい⁈

ヘルメットをかぶって仕事をする人は禿げやすい。

これは、私が常日頃から思っていることです。

 

長時間ヘルメットを被らないといけない人に限って頭皮のコンディションが悪い傾向にあり、工事現場の作業員などが該当すると思います。

 

自衛隊の方たちは長時間ヘルメットをかぶっているわけではないらしいので問題ないのですが、土木や建設などヘルメットを被らないと仕事にならない人だけに見られることが多いです。

 

あくまで毎日、長時間かぶっている人限定の話です。バイクの運転やたまにかぶるくらいは問題ありません。

薄毛の症状

症状として個人差があると思いますが、通常の薄毛のように毛髪サイクルが短くなって毛が弱っていく過程とは違い、毛髪は元気なのに一個の毛穴から出ている髪の毛が減り、頭皮の色も黄ばんでいたのが症状として目立ちました。

 

毛穴が汚れで詰まってしまい代謝を妨げていたようです。

 

全員がそうなわけではないですが、ヘルメットを普段から長時間かぶっている人の頭皮環境が悪いと思ったので記事にしました。

ヘルメットによる薄毛の対策方法

毛穴が詰まってしまって薄毛になることは、改善しやすい症状なので毛穴がきれいになるシャンプーを使ってあげましょう。

 

具体的にはマッサージも兼ねて地肌を揉むようにシャンプーをします。

 

一般的に日本ではシャンプーのことを洗髪と言いますが、シャンプーの由来はヒンドゥー語の『チャンプー』からきており、オイルなどをつけた健康のためのマッサージのことを指しているそうです。

 

泡のキメが細かく、頭皮に対する刺激が少ないシャンプーで洗ってあげましょう。

 

一般的にCMされている薄毛用のシャンプーは頭皮に対する刺激が強いのでオススメはできません。

 

こちらのシャンプーを使用すると、毛穴の汚れを取り除くことができ、かつ刺激も少ないので安全です。
イオニートシャンプー、地肌に良いシャンプー

 

使用後にマイクロスコープで診断してみると、私の場合は驚くほど結果が伴って来ていました。是非使って見ることをオススメします。

 

以上、「ヘルメットをかぶる人は禿げやすい?」でした。

スポンサードリンク