以前の記事でも少し触れた内容ですが、たまに聞かれる素朴な疑問なので記事にしてみました。

 

意外と知られていないのがドライヤーで髪の毛が傷むかどうかという認識についてです。

 

ドライヤーの熱で髪が傷むから自然乾燥している!」という人は勘違いですよ。

 

身近にあるドライヤーのことをよく知って、髪の毛と上手に付き合えるようにしましょう。

スポンサーリンク





ドライヤーで髪は痛むのか?

まず結論から先に言うと、ドライヤーで髪の毛を乾かす場合は”やり方によっては傷む”です。

 

ですが、髪を洗ったら即座に乾かしてあげましょう!これは基本です。

 

ん?なんか矛盾しているような。。

 

ということで説明します。

髪は濡れていると弱い状態に

ドライヤーのイメージ画像

髪が濡れている状態ということは、”ふやけて柔らかくなっている状態”です。

 

それだと物理的な摩擦に弱く、例えば濡れた状態で髪を束ねるとゴムのところが摩擦で損傷してしまいます。つまり、そのまま寝るだけでもダメージしてしまうのです。

 

また、濡れたままの状態は雑菌も繁殖しやすい環境であるため、濡れたまま束ねたりすると悪臭が発生することだってあります。

 

濡れている状態で長くいることは髪には良くないのです。

自然乾燥だとダメージの原因に

ドライヤーを使わず、自然乾燥で髪を乾かすことも良いことではありません。

 

ドライヤーの熱で髪がいたむと勘違いしている人も多く、自然乾燥に徹しているなら今日からやめましょう。

 

髪は自然に乾くとキューティクルが水を抱え込んだまま不安定な状態で乾いてしまうので、これも外部からの摩擦などに弱くなってしまったり、髪もボサボサになります。

 

なんとも不思議な現象ですが、ちゃんと顕微鏡で覗けば髪の表面では変化が起こっているんですね。

 

ドライヤーで髪を乾かすことでキューティクルが閉じ、髪にハリやツヤをもたらすことができます。

オーバードライ

最後にオーバードライといって、髪が乾燥しすぎると静電気が起きたりしてダメージしてしまうことがあります。つまり乾かしすぎってことですね。

 

髪がドライヤーで傷むというのは、このオーバードライのこと。

 

オーバードライを防ぐには、長時間にわたって髪を高温にさらさないことで防ぐことができます。強風や冷風などは関係ありません。

 

イオンドライヤーや最近発売されたダイソンのドライヤーなどは比較的に高温ではないので、高価なドライヤーは安全かもしれません。

 

反対に美容室のドライヤーなどは業務用で高温になりやすく、オーバードライしやすい傾向があります。

 

もし、ドライヤーの送風口の前に手をかざして火傷しそうなくらい熱い場合は、髪に近づけすぎないように注意しましょう。髪が濡れている場合は近くても構いません。

 

頻繁にブローされる方は少々高くてもドライヤーにお金をかけた方がリスクは少なくなるでしょう。

 

関連記事:プロが考えるオススメのドライヤー【コスパ重視もあり】

 

以上、「髪はドライヤーの熱で傷むのか?自然乾燥ではいけないの?」でした。

スポンサードリンク