スポンサーリンク





以前、市販のシャンプーと美容室のシャンプーの違いを書いたので今回のようなタイトルで記事を書くのは恐縮ですが、世間ではニーズがあるために記事にしてみました。

美容師がオススメする市販のシャンプー

どうしても量販店で市販されているものとなると限界がございます。

 

すべてを満たすことは難しいと判断したので、個人的に推したいシャンプーとコスパ重視で分けた目的別に選んでみました。

イチオシのシャンプー

ボタニスト

bota 2

まず見た目や雰囲気もシンプルでコストカットしているわりに幼稚ではなく、バスルームでの見た目も悪くありません。

 

サロンのシャンプーよりは安価なのに、成分自体は申し分ないのでこれはコスパに優れていると思います。

 

 

高級な界面活性剤(洗浄成分)であるベタイン系、アミノ酸系を中心に配合されておりマイルドな洗い上がりになるでしょう。皮脂の多い男性などには向かないかもしれませんので注意。

 

シャンプーはノンシリコンですが、トリートメントはモイスト、スムースともにシリコンを配合しているのでベタつく方はシャンプーの方だけのチョイスでも良いと思います。
BOTANIST ボタニカルシャンプー 490ml & トリートメント 490g モイストセット

コスパから選ぶ

HIMAWARIシャンプー

himawari 2

コスパということで、ここでは~¥1,000のものを紹介します。

 

こちらはドラッグストアなどで簡単に手に入り、かつ安いという商品ですがドラッグストアのシャンプーもここまで来たかと思ってしまいました。

 

アミノ酸系をベースとしていて、しっかりと高級な界面活性剤を配合しています。洗い上がりはマイルドで、市販の中でも安全な成分で作られています。

 

こちらよりも価格が低い”いち髪”もクラシエから発売していてヒットしていたようですね。これは、それをさらに良くした内容となっていますので”いち髪”が気に入って使っていた方には合っているかもしれません。
クラシエ ディアボーテ HIMAWARI オイルイン シャンプー&トリートメント ボリューム&リペア 500ml セット

まとめ

しかしながら、良い成分と言っても成分表示に記載されている成分は商品を知る上でのヒントでしかなく、同じような成分が使用されているとしても原料のクオリティまでは表示することができないわけですから、自分に合っているかは実際に使ってみるしかありません。

 

確かにサロンシャンプーに成分表示が近づいているとは思いますが、まだまだ使用感は全く違います。髪に油分などが蓄積しやすいことなどは気になります。

 

 

どうしてもサロン専売品と比べると安全性や使用感では全然及ばないのです。

 

もしサロン専売品の中から自分に合ったものが見つかれば、きっと他のシャンプーは使えなくなると思います。そちらの方も是非試してみるべきではないでしょうか?

 

以上、「美容師がオススメする市販のシャンプーは?」でした。

スポンサードリンク