突然、今までと同じシャンプーを使っていたにもかかわらず髪、または頭皮が脂っぽくなってベタついてしまったことはありませんか?

 

筆者である私は、日頃担当しているお客さんの髪がある日突然脂っぽくなることを何度も経験しています。

 

おそらく原因は一つではなく、簡単に改善できることもあれば原因が複合的なっていることも考えられます。

 

今回はその原因と対策方法をまとめていきますので参考になれば幸いです。

 

もしも髪全体ではなくて「前髪だけが脂っぽくなってしまう」という場合はこちらの記事が参考になると思います:前髪が油っぽい!その原因と対処法とは?直し方はあるの?

スポンサーリンク





髪や頭皮がオイリーになる原因や対処

頭皮の油っぽいベタつきの原因のほとんどは、頭皮の毛穴に詰まった皮脂や汚れの洗い残しやシリコン、そして皮脂の過剰な分泌などが原因ですつまり皮脂が多いということ。

 

まずはしっかりすすぐことが大事。シャンプーでのすすぎは意外と洗い残しが多くなりがち

 

下を向いて洗ってしまうと頭頂部のすすぎがあまくなることが多いので注意しましょう。また、耳の裏も洗い残しが多い部分なので体臭の原因にもなってしまいます。

 

頭皮のベタベタを解消するために、まずはしっかりすすいで洗い残しのないようにすることが基本です。

トリートメントは毛先だけが鉄則

トリートメントのほとんどは油分でできています。

 

そのトリートメントを根元につけてしまうとベタつきや油っぽさの原因になってしまうので、毛先だけにつけるようにしましょう。もちろんリンスやコンディショナーも同じです。

 

ちなみにショートヘアでも同じです。スカルプ系以外は根元にはトリートメントがつかないようにしましょう。

シリコンが原因の場合

悩む女性の画像

シリコンが原因の場合は、髪を洗ってトリートメントをせずにドライしても、直後からベタついているときに考えられる原因です。

 

シリコンは人工的に作り出された鉱物性の脂みたいなものなので、健康上の安全性には優れているのですが頭皮や髪に蓄積(ビルドアップ)してしまうことがあります(すべてのシリコンが悪というわけではありません)。

 

また、体質が変化して髪のコンディションが急激に変化し、前触れもなく蓄積しやすくなったりすることもあるようです。(産前、産後などのタイミングに多い

 

ちなみに粗悪なシャンプーやトリートメントのシリコンは蓄積しやすい傾向にありますが、サロン専売品と比べてみても原材料名が同じなので使用してみるまでわかりません。

 

突然髪が油っぽく感じたときはシリコンを配合していないシャンプー、トリートメントを使用して様子を見てみましょう。

シリコン油の対処方法

まずは、自身でお使いのシャンプーの裏面に記載されている成分表を確認してジメチコン、シクロメチコン、ポリマーなどのシリコン類が入っているか確認してみましょう。

 

シリコンの成分が確認されたら、そのシャンプーの使用を中断して違うシャンプー、またはトリートメントの使用をします。

 

そして、ノンシリコンのシャンプーとトリートメントを最低でも1週間使用するか、シリコン除去剤の使用をします。

 

おそらくノンシリコンのシャンプーを3日ほど使用してみると効果が現れるはず。

 

ノンシリコンシャンプーを1週間使用しても全く改善されない場合は担当の美容師に相談してみましょう。

 

ネットでもシリコン除去のシャンプーや薬剤が購入できますが、一般的にはほとんど使用されない商剤ですので買うほどのことではありません。

 

ちなみに専用除去剤だけではなく、炭酸泉やカラーの施述でもシリコンは落ちます。重曹でも落ちるようですが、重曹はアルカリ性なのでその後にしっかりクエン酸などでコンディショニングしないと髪がパサつくので注意です。ダメージにも繋がります。

 

洗った直後はギシギシするのでコンディショナーやノンシリコンのトリートメントでのケアを忘れずに行う必要ありです。

妊娠中は髪質が変わる

妊娠中は髪質が変わりやすい傾向にあります。

 

髪の毛は乾燥すると思うのですが、なぜか髪の根元が油っぽくなる傾向が強いです。

 

乾燥が原因でシャンプーの油分やシリコンを多めに吸収してしまったり、自身の油分を吸い込んでしまっているのかもしれません。

シャンプーが合わない

単純に今お使いのシャンプーが合わないことも多々あります。

 

前述したビルドアップが原因の場合は何日もかけて蓄積されていくので、シャンプーを変えて1~2週間経過した頃に突然髪が油っぽくなってしまうことがあります。

 

また、体質の変化から今お使いのシャンプーが急に合わなくなってしまうこともあります。

 

とくに髪の毛が細い人は油分の影響を受けるので、オイルシャンプーやシリコン系のシャンプーを使わないことでベタベタを解消できるかもしれません。

食べ物が原因の場合

前日などに脂っぽい食べ物をたくさん摂取した場合は、次の日に代謝によって体外に排出されます。

 

つまり、食生活を改善すればオイリーな体質から解放されるかもしれません。

 

また、オイリーな髪質の方は脂が髪に足りているので、シリコンやオイルシャンプーを使用して髪をシットリさせる必要はありません。ロングの方は毛先だけオイルで仕上げる程度で日頃のケアは十分です。

 

予算に余裕があればオーガニックシャンプーを使用してみると良いでしょう。

成長期のオイリーな髪

成長期はよく食べて、たくさん代謝をする時期ですから脂っぽくなって当然のことかもしれませんが、小学校の高学年から高校生あたりまでは代謝が盛んに行われるのでオイリーになりやすい時期です。

 

これも、オシャレをしたい年頃かもしれませんがオイル系やシリコンの使用を避けて、場合によっては洗浄力を強めにしてもいいかもしれません。

 

洗浄力が強いシャンプーを使用する際の注意点として、1日に2回以上シャンプーしてはいけないこと(長く続けると髪がボロボロになる場合があります)、肌に合わないと思ったら素直に使用を中止することが大切です。

髪や頭皮のベタつきは美容室で解消できる?

髪の毛や頭皮のベタつきは美容室でも解消できますが、一時的な対処になってしまうので根本的な改善方法が別にあると思います。

 

自分に合ったシャンプーと生活習慣などを見直して、日頃のケアが大切だと思います。

 

以上、「突然、髪や頭皮が脂っぽくベタつく原因と対処方法」のお話でした。

スポンサードリンク